ロシアがウクライナに宣戦布告したとき日本はどうするのか―――参戦か中立かの議論を

 ネット上でロシアの宣戦布告云々という文字が目についた。この文字をみて、ハッとした。そのとき、日本はどうするのであろうか、どうすべきであろうかと思ったからだ。 現在のウクライナ戦争には中立法規は適用されない  もしもロシアが宣戦布告すれば、ウクライナ戦争はロシアの言う「軍事作戦」=事実上の戦争から国際法上の戦争に格上げされる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオナチとの関係を認めたゼレンスキー発言をFOXニュースが削除した件

ゼレンスキーはネオナチが軍を支配していることを認めた  昨晩、以下の動画をみた。 2022.4.18【ウクライナ】FOXニュースがゼレンスキー独占インタビューで削除した話とは?【及川幸久−BREAKING−】 https://youtu.be/YUW01KkOnDM  この動画によれば、4月1日、FOXニュースは、ゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナとは何か――全体主義、民族浄化、親中派

 ウクライナとは何か、ずっと考え続けてきた。ようやく、一つの了解が私の中で生まれたので、備忘のためにも認めておきたい。 ウクライナは全体主義国家である  第一に、マイダン革命以降のウクライナは全体主義国家であると指摘しておきたい。 本年3月20日、ゼンレンスキー大統領は、戒厳令の期間中はロシアよりの議会第2党「野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《乗っ取られたウクライナ》を見て----アメリカにより間違った道へ領導されたウクライナ

 《ウクライナ・オン・ファイヤー》に続いて、続編にあたる《乗っ取られたウクライナ》を見た。この映画は、マイダン革命から2019年までのウクライナの政治史について、主としてヴィクトル・メドヴェドチュク(1954-)という親ロシア派の政治家とその妻へのインタビューを中心にして解説している。メドヴェドチュクの経歴を簡単に見ると、1978年にキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ・オン・ファイヤーを見て--マイダン革命までの正統ナチスとCIA

 ウクライナ侵攻問題はもう取り上げないつもりだったが、オリバー・ストーン監督が製作総指揮を行ったとされるドキュメンタリー映画『ウクライナ・オン・ファイヤー』を見た。2014年のマイダン革命のころまでのウクライナの歴史を、主として、親ロシア派ウクライナ人及びプーチンへのインタビューを交えながら解説したものである。    https://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親の懲戒権廃止と家族に関する公民教科書の現状……ともに教育基本法と国際人権規約(B規約)に反する

BLMの「アボリショニズム」と懲戒権廃止  この間、ウクライナ戦争の話ばかり書いてきた。この戦争の一つの意義は、家族や国家、伝統を否定しようとするバイデンのアメリカが主導する欧米と、それらを守らんとするロシアとが争うイデオロギー戦争であるという側面があることである。日本は欧米側に立ち、グローバリズムの推進とともに、家族や国家、伝統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福田ますみ『ポリコレの正体』を読んで――今や新共産主義の本場はアメリカである

 福田ますみ『ポリコレの正体』(方丈社、2021年12月)を読んだ。多少ともポリコレのことは知っていたつもりだが、本書で書かれている内容には本当に驚かされた。特に、今日のアメリカについて書かれた1章を読んで驚いた。展開されているのは、ディストピアの世界であり、『1984年』の世界である。以下、特に印象に残ったことを紹介したり、感じたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉原誠四郎《戦後の公民教育の在り方を振り返って-『戦後教育史研究』の終刊に寄せて》

 杉原誠四郎氏から依頼されたので、相当に私とは考え方の違う論稿であるが、拙ブログに掲載することにした。著書名などの誤記があったので、赤丸数字の註を付した。   戦後の公民教育の在り方を振り返って-『戦後教育史研究』の終刊に寄せて     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ戦争について書き足しておくべきこと--閉された言語空間、アメリカの金融覇権が崩れていく?、その他《追記2…

 前回の記事で、ウクライナ戦争はアメリカの対ロシア侵略戦争、ウクライナの自衛戦争という位置づけを記した。これでウクライナ戦争に関する記事を打ち止めにするつもりであった。だが、更にいろいろなものを見ているうちに、書き足りていないものがあることに気付いたし、また、考え方を少し変えざるを得ない情報にも接することができた。そこで、書き足しておき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度も騙されることなかれ―――ウクライナ戦争はアメリカ及びディープステートの対ロシア侵略戦争だ《追記……NATOが…

3度も騙され続ける日本国民  連日、ウクライナ戦争に関する報道があるが、アメリカから流れてくる一方的なニュースばかりだ。戦争に至る経過、2014年以来の経過、について正確に報道されないばかりか、「プーチンは頭の狂った狂犬だ」というレッテル貼りを行い、ウクライナ=善、ロシア=悪という印象づけに終始している。ロシアの悪魔化、ウクライナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more