"教科書改善の会"の記事一覧

「六理事辞任に至る経過報告」(2)が削除されたことの御報告――削除させた者よ、名乗り出よ

   7月、8月といろいろな面で忙しく、ブログ記事を書くことはできなかったが、7月31日、「六理事辞任に至る経過報告」(2)が突然削除された。訝しんでいると、ビッグローブカスタマーサービスからのメールに気付いた。そのメールには、以下のようにあった。 お客様のウェブリブログに掲載されている下記記事の公開停止について、お知 らせ申し…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点

 この間、ずっと、育鵬社盗作問題、育鵬社による「南京事件」肯定の問題、八木訪中問題、「つくる会」分裂騒動という四件の事柄を追いかけている。  四件のうち八木訪中問題は、「つくる会」分裂の直接原因ではないが、今日から見れば本質的な原因となった問題である。「つくる会」が作成していた「理事会が真に危惧していた八木氏らのもうひとつの“暴走…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

6理事辞任に至る経過報告-理事会内の混乱終結にあたって-(1)

李春光の事件で、改めて平成18年の「つくる会」分裂騒動とは一体何だったのか、ということが気になるところである。この問題を知るための基本的な資料が、前に掲げた「理事会が真に危惧していた八木氏らのもうひとつの“暴走”―――中国社会科学院の企図する日本攻略に関して」「八木氏中国旅行をめぐる証言--福原慎太郎氏証言、平成18年2月18…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

育鵬社の声明批判、その3……無意味な言葉を発するしかできない育鵬社(盗作問題について)

    今回は、育鵬社の6月13日声明に対する批判の最終回である。最初に声明の全文を掲げよう。①②③の番号は、私が記したものである。 当社の歴史教科書記述について一部で批判があるようですが、事実に基づかない誤った言説であるため、以下ご説明いたします。 ①【外国の地名・人名の振り仮名について】   当社の歴史教科…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

育鵬社の声明批判、その2……「南京事件」をめぐって中国に屈服した育鵬社

  今回は、6月13日育鵬社声明のうち、「南京事件」の記述に関する部分について批判しておこう。育鵬社教科書事業部は、「南京事件」の記述について以下のように述べている。 【南京事件の記述について】  また、1937(昭和12)年の南京事件の記述についても、扶桑社版教科書の編集方針を踏襲しており、育鵬社版で改変したものではありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育鵬社の声明批判、その1……ルビ問題について対中韓完全隷属路線を選択した育鵬社

平成24年6月13日、育鵬社は、教科書事業部の名前で、「当社歴史教科書への批判の誤りについて」なる声明を発表した。声明は、「つくる会」その他から批判が集中しているルビ問題、「南京事件」記述問題、育鵬社盗作問題の三点に関するものである。全てが出鱈目であり、嘘っぱちである。そして、はしなくも、盗作を自ら認めてしまっている。今回は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八木氏中国旅行をめぐる証言--福原慎太郎氏証言、平成18年2月18日 2012年6月16日校訂・補記

   前々回、つくる会が6年前に発表していた文書、「理事会が真に危惧していた八木氏らのもうひとつの“暴走”―――中国社会科学院の企図する日本攻略に関して」を掲載した。今回は、この文書を作成するための基礎資料となった福原慎太郎氏の証言を掲載する。小見出しや色付けは、ブログ掲載にあたり、私が付したものである。           http…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八木氏中国旅行→育鵬社「南京事件」肯定の流れ---解明すべき問題の整理

前回、「つくる会」が平成18年5月29日のFAX通信で発表した「理事会が真に危惧していた八木氏らのもうひとつの“暴走”―――中国社会科学院の企図する日本攻略に関して」という文書(同年5月27日付)を掲げた。 2012/05/31 23:32 理事会が真に危惧していた八木氏らのもうひとつの“暴... …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理事会が真に危惧していた八木氏らのもうひとつの“暴走”―――中国社会科学院の企図する日本攻略に関して

  中国大使館一等書記官によるスパイ行為      一昨日、中国大使館1等書記官李春光のスパイ疑惑が報じられた。主に読売新聞の報道を基に、李の来歴を以下にまとめると、  ・1989年に中国人民解放軍を卒業後総参謀部に所属  ・1993(平成5)年5月、「須賀川市日中友好協会」の国際交流員として来日。  ・1995(平成7…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

教科書改善の会を反面教師として、平成20年3月27日

    次いで、『自由』平成20年7月号に「日本は犯罪国家ではない」というタイトルで掲載した論文を載せよう。この論文は、もともと「教科書改善の会を反面教師として――――保護国・「推定有罪」思想と戦おう―――」というタイトルでつくられたものであるが、一部カットされて掲載された。カット部分も含めてここに載せておこう。           …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more