"時事問題"の記事一覧

ネオナチとの関係を認めたゼレンスキー発言をFOXニュースが削除した件

ゼレンスキーはネオナチが軍を支配していることを認めた  昨晩、以下の動画をみた。 2022.4.18【ウクライナ】FOXニュースがゼレンスキー独占インタビューで削除した話とは?【及川幸久−BREAKING−】 https://youtu.be/YUW01KkOnDM  この動画によれば、4月1日、FOXニュースは、ゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナとは何か――全体主義、民族浄化、親中派

 ウクライナとは何か、ずっと考え続けてきた。ようやく、一つの了解が私の中で生まれたので、備忘のためにも認めておきたい。 ウクライナは全体主義国家である  第一に、マイダン革命以降のウクライナは全体主義国家であると指摘しておきたい。 本年3月20日、ゼンレンスキー大統領は、戒厳令の期間中はロシアよりの議会第2党「野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《乗っ取られたウクライナ》を見て----アメリカにより間違った道へ領導されたウクライナ

 《ウクライナ・オン・ファイヤー》に続いて、続編にあたる《乗っ取られたウクライナ》を見た。この映画は、マイダン革命から2019年までのウクライナの政治史について、主としてヴィクトル・メドヴェドチュク(1954-)という親ロシア派の政治家とその妻へのインタビューを中心にして解説している。メドヴェドチュクの経歴を簡単に見ると、1978年にキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ・オン・ファイヤーを見て--マイダン革命までの正統ナチスとCIA

 ウクライナ侵攻問題はもう取り上げないつもりだったが、オリバー・ストーン監督が製作総指揮を行ったとされるドキュメンタリー映画『ウクライナ・オン・ファイヤー』を見た。2014年のマイダン革命のころまでのウクライナの歴史を、主として、親ロシア派ウクライナ人及びプーチンへのインタビューを交えながら解説したものである。    https://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ戦争について書き足しておくべきこと--閉された言語空間、アメリカの金融覇権が崩れていく?、その他《追記2…

 前回の記事で、ウクライナ戦争はアメリカの対ロシア侵略戦争、ウクライナの自衛戦争という位置づけを記した。これでウクライナ戦争に関する記事を打ち止めにするつもりであった。だが、更にいろいろなものを見ているうちに、書き足りていないものがあることに気付いたし、また、考え方を少し変えざるを得ない情報にも接することができた。そこで、書き足しておき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度も騙されることなかれ―――ウクライナ戦争はアメリカ及びディープステートの対ロシア侵略戦争だ《追記……NATOが…

3度も騙され続ける日本国民  連日、ウクライナ戦争に関する報道があるが、アメリカから流れてくる一方的なニュースばかりだ。戦争に至る経過、2014年以来の経過、について正確に報道されないばかりか、「プーチンは頭の狂った狂犬だ」というレッテル貼りを行い、ウクライナ=善、ロシア=悪という印象づけに終始している。ロシアの悪魔化、ウクライナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月24日プーチンが語ったこと――NATO不拡大、ジェノサイド阻止、非軍事化と非ナチ化を目指す、血生臭い犯罪を犯し…

2月24日、ウクライナ侵攻直前に、プーチン大統領は、ロシア国営放送で国民向けの演説を行った。その内容について、私なりに紹介していきたい。ウクライナやロシアについての素養が不足している私には読み間違いがあるかもしれないが、自己の勉強のためにもプーチン演説の内容をまとめておきたいと考える。 まず、目次をかかげよう。 一 N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史を振り返り、ウクライナ侵攻を考える、追記《植民地から脱してきたロシアと植民地のままのウクライナ》

一 思い出した3つの歴史的出来事  ロシアのウクライナ侵攻を知った時、過去の歴史的出来事をいくつか思い出した。バイデンは「ロシアがウクライナに侵攻してもアメリカは軍隊を出さない」と明言した。これは、敵視する外国に武力行使させるための、アメリカの伝統的な手口である。 朝鮮戦争の例  例はいくつもあるが、まずは朝鮮戦争の例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイデンは何ゆえにプーチンを挑発したのか――戦争による恐怖を作り出し、民主党政権を継続しようとする試み追記《渡辺惣…

一、バイデン(ディープステート)の狙いとは何か  2月24日、ウクライナにロシア軍が侵攻したというニュースを聞いた。このウクライナ侵攻の筋書きを描いたのはバイデンを代表とするアメリカのディープステートである。その筋書きに敢えて乗って行われたのが、プーチンによるウクライナ侵攻である。  もちろん、一番の被害者はウクライナの民衆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアのウクライナ侵攻―――プーチンは罠にはめられた?、日本の自主防衛体制の整備を

ロシアのウクライナ侵攻で思った三つのこと 3回ほど前の記事を記していた最中、プーチンがウクライナに侵攻したというニュースを知った。しかも、東部だけではなく、ウクライナ全土に向けて侵攻したという。三点ほどのことを想った。 第一に、信じられないという想いとともに、がっくりきた。ずっと異常なほど、バイデンはプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more