"歴史教科書"の記事一覧

東京書籍地図教科書訂正申請の内訳を検討する---索引でも地名などの表記の間違いが260件、まさしく東書検定サボター…

 東書の地図訂正一覧を検討してみた  東京書籍のホームページを検索すると、東京書籍地図教科書の訂正一覧が載っている。 https://www.tokyo-shoseki.co.jp/img/text/information-h/shakai-r4/chizu701/r4-5_h_shakai_chizu701_index.p…
コメント:5

続きを読むread more

驚愕!検定崩壊!---東書検定サボタージュ事件と『新しい歴史教科書』一発不合格事件

中田質問に続き、3月9日参院文教委員会で松沢議員が質問する  東京書籍地図教科書「1200箇所訂正申請」問題は、新たな展開を見せている。3月3日、参議院予算委員会で中田宏議員が質問した。https://youtu.be/-K8wp1NxXDQ  これに続き、3月9日参院文教委員会で松沢成文議員が質問する。ご注目いただきたい。 …
コメント:0

続きを読むread more

「つくる会」、文部科学大臣に公開質問状を提出--東京書籍教科書「1200カ所訂正申請」報道を受け--つくる会FAX…

 「つくる会」は、以下のように、令和2年度高校教科書検定で合格した東京書籍の地理教科書が約1200個所の訂正申請を行った件について質問状を提出した。つくる会FAX通信より転載する。  文科省の検定は、今から8年前に学び舎を通した時に崩壊していると思ったが、崩壊の程度は数倍に達しているようだ。 文部科学大臣に公開質問状を提出…
コメント:0

続きを読むread more

自由社「違法検定」国賠訴訟の進捗報告-自由社版(405件)に対する基準を当てはめれば教育出版は710件、日本文教出…

対自由社と同じ検定をすれば教育出版は710件、日本文教出版は626件の「欠陥箇所」で一発不合格となるところだった  本日の産経新聞を見ると、「違法検定」国賠訴訟に関する「つくる会」の記者会見によれば、教育出版と日本文教出版の中学校歴史教科書は、令和元年度検定で一発不合格にされた自由社版よりも検定意見が付くべき件数がかなり上回ってい…
コメント:3

続きを読むread more

歴史教科書不正検定国賠訴訟始まる――令和3年度使用に向けて700件も訂正申請した他社があった!

 本年9月21日、『新しい歴史教科書』を発行する自由社は、令和元年度の不正検定で「一発不合格」となったため令和2(2020)年度採択戦に参加できなかった結果被った逸失利益など1200万円を求める国家賠償請求訴訟を提訴した。11月9日、東京地裁で第一回口頭弁論が開かれ、自由社代表として篠原寿一氏が、『新しい歴史教科書』代表執筆者として藤岡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不寛容なリベラリズムとしてのラムザイヤー論文撤回運動――「学問の自由」の圧殺

ラムザイヤー論文撤回運動をめぐって 10日ほど前、ヨラム・ハゾニー『ナショナリズムの美徳』に関して二つのブログ記事を認めた。この記事と関連して思い出したことがある。アメリカで行われているラムザイヤー論文撤回運動のことである。 この運動は、英語論文の世界で慰安婦性奴隷説や強制連行説を唯一否定したラムザイヤー氏の論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月27日閣議決定を掲載する――慰安婦記述も「強制連行」記述も教科書から削除しなければならない

以下に、馬場伸幸議員が提出した〈「従軍慰安婦」等の表現に関する質問主意書〉とこれに対する内閣の答弁書、〈「強制連行」「強制労働」という表現に関する質問主意書〉とこれに対する答弁書を、資料1~4として掲載する。ご一読されたい。 「従軍慰安婦」等の表現に関する問題 「従軍慰安婦」等の表現に関する問題から見れば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国による反日統一共同戦線

《中国が台湾侵攻なら日本にとっても死活問題 次は尖閣、沖縄が狙われる》  前回の記事を初めとして何度もアメリカにおける反日反米思想の蔓延について指摘してきたが、本日、以下のような記事を目にした。すなわち《中国が台湾侵攻なら日本にとっても死活問題 次は尖閣、沖縄が狙われる》(NEWSポストセブン2021/05/01 07:05)とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「従軍慰安婦」「強制連行」「強制労働」不適切の閣議決定――「つくる会」運動12年ぶりの画期的成果

 4月27日、菅内閣は、掲題の通り、画期的な閣議決定を行った。これは、慰安婦問題、徴用問題に関する日本維新の会・馬場伸幸衆院議員の質問主意書に対する答弁書を決定する中で決めたものである。 産経デジタル〈政府、「従軍慰安婦」表現は不適当 「強制連行」も 答弁書閣議決定〉(産経デジタル2021.4.27 13:33)によれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more