"日記"の記事一覧

5月29日の記、体調確認

 5月29日。  本日迄の体調確認をしておきたい。  5月3日、腹が冷えて痛くなり、風邪の初期症状かと思ったが、その通り、微弱な風邪を引いた。  7日になり、少し風邪は進行したが、身体は少ししんどいだけで日が経過していった。  頭が痛かったりしたが、これは普段からなので、微弱な風邪の影響はあまりなかったようだ。  しかし、…
コメント:0

続きを読むread more

4月28日の記、不憫な『新しい公民教科書』

 ずいぶん、ブログを更新していない。その理由は様々だ。忙しいからの時もあるし、書こうと思っても、頭や精神の整理がつかないからの時もある。しかし、ほんの1日弱、ブログに時間を使ってもよいと思われる時が訪れたから、ブログ日記的なものを記しておこうと思う。 1月までは検定対応  今年になってからのことを記すならば、昨年11月と12…
コメント:0

続きを読むread more

1月29日の記、再び体調確認

1月25日ころ、風邪がぶりかえす  23日に久しぶりにブログ更新をした後、何もしてない。1月25日ころに風邪がぶりかえした。咳が少し多くなり、体がしんどくて横になってばかりだ。そのうちかなりの時間を眠って暮らした。24日に鍼治療で出かけた後、寒いこともあり、落ち込んでいることもあり、家から全く出ていない。今日も、昨晩充分眠ったのに…
コメント:0

続きを読むread more

体調確認などの現状確認

1月下旬段階での体調確認  ずいぶんブログ更新をしていないが、体調確認と精神整理のために、記事を認めておきたい。  昨年12月はかなり調子が良かった。しかし、年明け1月5日に頭がかなり痛くなり、腹が冷えてきた。完全に私の風邪の初期症状だった。その後熱が出て10日までほとんど横になって過ごし休養した。ここのところ、1年の半分は風邪…
コメント:0

続きを読むread more

12月10日の記

 3日ほど比較的安静な状態だったが、今日の起き抜けから考えことをしていて、それがストレスになったのか、また頭の痛み、胸の痛みが襲っている。考えごとをしていると腹が立ち、日本は終わっているとつくづく思い、気分が沈んでしまう。  今年は1月または2月から同じ状態が続いている。比較的何もしないで暮らしていても、結構そういう状態が続いてき…
コメント:0

続きを読むread more

11月25日の体調確認

 本日は三島忌だ。三島事件が起きた時、私はちょうど京大本部構内の北東にあった喫茶店にいた。事件が起きるとすぐに店内が少々騒がしくなり、三島が腹を切ったというような話を誰かが皆に聞かせるように話したことで知った。すさまじく興奮していたというわけでもないが、多少とも興奮した感じが店内を覆ったことを憶えている。ずっと前から「三島は死に場所を求…
コメント:0

続きを読むread more

11月4日の記

体調確認  10月16日くらいから10日間、かなり仕事をこなした。風邪気味となりながら治り、また初期の風邪の状態となる。これを繰り返し続けている。26日まで仕事をこなし、27日から3日間、完全休養したが、10月29日には頭が痛く、腹が痛く感じていた。とはいっても、3日間の休養で元気になったので2日間仕事を行った。極めてはかどって気…
コメント:0

続きを読むread more

《備忘録》・『安倍談話と歴史・公民教科書』はなぜ葬られたのか

 先日、別建てブログ《「日本国憲法」」無効論》に、〈なぜ、『自衛戦力と交戦権を肯定せよ』は葬られたのか〉という記事を記した。  https://kenpomukouron.seesaa.net/article/501120063.html 『自衛戦力と交戦権を肯定せよ』よりはるかに葬られてきた『安倍談話と歴史・公民教科書』 …
コメント:0

続きを読むread more

10月6日の記---現時点での体調の確認 追記10月14日

 精神の不調からは脱したか  2021年1月以来、特に2022年1月以来、精神の不調を来たしてきたが、7月、8月、9月の3か月間は結構体調がよかった。そのためもあり、精神的には8割方回復したような気がする。  振り返れば、今年の5月にコロナにかかって2週間寝込んだおかげか、さらに5月一杯休養に充てたおかげか、7月以降、コロナ…
コメント:0

続きを読むread more

6月27日の記---備忘のため15年前の出来事を記録しておこう

 所謂保守派の壊滅という事態を受けて  『吉田茂という病』正続2編に関して10日間ほど頭を使い続けたが、私からの批判に対応した回答は基本的にもらえなかった。全くかみ合わなかったが、回答があったという形式を整えただけ、ましなのであろうと思うことにした。  そのことはいいとして、所謂保守派の学者乃至言論人の気概や質に疑問を感じた…
コメント:2

続きを読むread more