「日本解体新計画書」としての公民教科書(1)――家族教育 (『史』令和4年5月号掲載)

 『史』に《「日本解体新計画書」としての公民教科書》というシリーズで何回か連載することになった。第一回は、家族教育に関してである。以下に掲載する。「日本国憲法」は「日本崩壊のための時限爆弾」(菅原裕)という役割を持ったものであり、いわば「日本解体計画書」である。公民教科書は、「日本国憲法」をはるかに超える「解体計画」を新しく表したものな…
コメント:0

続きを読むread more