「日本解体新計画書」としての公民教科書(1)――家族教育 (『史』令和4年5月号掲載)

 『史』に《「日本解体新計画書」としての公民教科書》というシリーズで何回か連載することになった。第一回は、家族教育に関してである。以下に掲載する。「日本国憲法」は「日本崩壊のための時限爆弾」(菅原裕)という役割を持ったものであり、いわば「日本解体計画書」である。公民教科書は、「日本国憲法」をはるかに超える「解体計画」を新しく表したものな…
コメント:0

続きを読むread more

自民党「日本国憲法」改正案について……緊急事態条項は長期間の内閣独裁を結果する

岸田首相は、安倍氏暗殺事件を受けて、所謂憲法改正を進めると述べた。その所謂憲法改正とは、以下の4項目の「日本国憲法」改正を行うことである。4項目とは以下のとおりである。 一、「自衛隊」の明記と「自衛の措置」の言及 二、国会や内閣の緊急事態への対応を強化 三、参議院の合区解消、各都道府県から必ず1人以上選出へ 四、教育環…
コメント:0

続きを読むread more

橋本琴絵『暴走するジェンダーフリー』を読んで――観念論ではなく経験論に基づき物事を捉えよ《追記、橋本氏の言う「選択…

タイトルとは裏腹に骨太で読み応えのある本  橋本琴絵『暴走するジェンダーフリー』(ワツク出版、2021年)を読んだ。目次を眺めていて、過激な見出しが多いこともあり主張ばかり先行している本かと思ったが、そうではなかった。本書を通じて一貫してうかがえるのは、経験論・経験則に基づき物事を帰納法的に捉える方法が観念論に基づき演繹的に物事を…
コメント:0

続きを読むread more

増税と偽憲法改正で日本は滅んでいく――自公政権圧勝を見て

安倍暗殺事件は世界的な事件  7月8日、安倍元首相が暗殺された。表向き犯人の個人的な動機しか出てきていないが、一部でケネディ暗殺事件と比肩されているように、今回の暗殺事件は世界的な事件であり、世界的な政治勢力の暗闘の中で生じた事件であるとみるのが正しいであろう。  安倍氏については、感情的な左翼系の批判は別として、恐らく日本…
コメント:0

続きを読むread more

北野幸伯『「自立国家」日本の創り方』を読んで――トップの依存心が国を滅ぼす、「日本国憲法」第9条と前文の問題を始末…

初版はアメリカの没落を予言した  北野幸伯『「自立国家」日本の創り方』(ダイレクト出版、2020年)を読んだ。本書は、『隷属国家日本の岐路――今度は中国の天領になるのか?』(ダイヤモンド社、2008年)に2000年時点からの補足を付けて出された改訂版である。初版である『隷属国家日本の岐路』が出された日時は正確には2008年9月4日…
コメント:0

続きを読むread more

堤未果『デジタル・ファシズム』を読んで――日本国家と個人の独立性の喪失、金融覇権の変化と個々人の自由の喪失、子供の…

  堤未果『デジタル・ファシズム』(NHK出版新書、2021年8月)を読んだ。タイトルは、私にすれば『デジタル・ファシズム』ではなく『デジタル全体主義』にすべきだと思う。なぜなら、現実にそれを進めているど真ん中には、ナチズムや共産主義を信奉する人たちが存在するし、現実に最も最先端で進めているのは、共産主義者が支配する中国だからだ。ナチズ…
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ戦争における正義の問題……ウクライナによる民族浄化政策をやめさせよ

 ウクライナ戦争に関する記事を10本以上書いてきたが、前回はロシア側が勝利する公算が高いということを記してきた。今回は、戦争における正義の問題を見ていこう。ロシア側、ウクライナ側、欧米側三者のいずれに正義があるか、という問題である。これまでは、欧米側に正義はないが、ウクライナにもロシアにも言い分があり、正当性があるという言い方をしてきた…
コメント:0

続きを読むread more

私は何が気に入らないのか……アメリカや中国からの独立方法、ディープステートからの独立方法を考えよう

この3年間の認識の深化  この数年間、少なくともこの3年間、私は足踏みをしている。自己のライフワークの進展はゼロに近い。  とはいえ、2020年11月3日以来の世界に起きた一連の出来事は、私の目を開くことになった。ある意味1970年代から、正確には10数年前から知っていたことではあったが、国際金融資本家などによる世界支配を明…
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ戦争雑感(3)――ゼレンスキーは愛国の英雄か、それとも究極の売国奴で終わるのか

ロシア優勢で落ち着き長期化しそうなウクライナ戦争  ウクライナ戦争の報道具合が落ち着いた感がある。とはいえ、ロシアが虐殺云々をしているという報道はすっかり影をひそめてしまったが、相変わらず、ロシアは経済的に追い詰められているとか、ウクライナ軍が押し返しているとかいう報道がもっぱら行われている。  しかし、これらの報道は、第二…
コメント:0

続きを読むread more

2022年6月5日の日記――自己の体調管理について

6月5日という日  前の記事を記した後、普通に睡眠をとり普通に起き、普通に昼寝をしたが、もう一つ体調がすぐれない。6月5日は、50年以上前に自殺した同級生の命日である。毎年何かをするわけではないが、6月5日にはその人の自殺のことを思い出す。1、2回生の時は私を含めて4人の「ツレ」または仲間がいたが、就職も決まっていた同級生は4人の…
コメント:0

続きを読むread more